会社組織の特徴

会社組織には株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4つの形態があり、それぞれ特徴があります。以下、わかりやすいように一覧にまとめました。
なお、有限会社は、会社法上は「特例有限会社」として有限会社という商号の「株式会社」とされています。

  株式会社 合同会社  合資会社  合名会社 
資本金の下限 資本金の制限はなし、1円可(以前は1000万円)  -  -  -
必要な株主・社員の人数 1人以上  1人以上  1人以上  1人以上
出資者の名称 株主 社員 社員 社員
出資者が負う責任 有限責任…出資した範囲で責任を負う 有限責任 有限責任社員と無限責任社員がいる 無限責任…全ての責任を負う
設立の手続 若干の手間と費用がかかる 比較的簡単 比較的簡単 比較的簡単
設立費用
(最低限かかる法定費用のみ)
登録免許税15万円、定款認証費用5万2千円、定款印紙4万円 登録免許税6万円、定款印紙4万円 登録免許税6万円、定款印紙4万円 登録免許税6万円、定款印紙4万円
最高意思決定機関 株主総会 社員総会 社員総会 社員総会
経営の主体 取締役会 業務執行社員 無限責任社員 社員全員
取締役等の人数制限 取締役1人以上で可、監査役の設置は任意 - - -
 組織の特徴 上場企業から中小零細企業まで幅広く利用。本来は多くの出資を集めるために考案された仕組み。有限会社制度廃止で今後は設立の中心に。  新会社法にて認められた日本版LLC。手続面が簡略化され、設立費用も安いので、ベンチャー企業での利用が考えられる。出資比率と異なる利益分配が可能。 かつては小資本で設立するために一部で利用されたが、株式会社の最低資本金が撤廃され、合同会社制度の創設で、今後の利用度は不明。  出資者が身内であることがほとんどで、個人事業に近く、設立数もかな少ない。