東京遺言書作成代行センター

img_01.gif
遺言がなかったため、相続人のあいだで遺産をめぐってトラブルが起こる・・・。
そんな例も、実は少なくありません。
残された家族がスムーズに遺産を継承するために
また、ご意志に即した財産の分配を行うためにも、
大切な役割を果たすのが「遺言」なのです。


次のような方には特に遺言の作成をおすすめいたします。

もめごとを少なく、財産を相続させるために遺言書は必要です!
● 争族を未然に防止したい
● 実情に合わせて合理的な遺産分割をしたい
● 相続人以外の方に遺贈したい
●お子様のいない方、独身の方
●亡くなった息子さんのお嫁さんのお世話になっている方
●個人企業や農業を経営されている方
●相続人がいない方
面倒を見てくれているお子様に厚く配分したい方
●財産を社会に役立てたいとお考えの方
konnakatani.gif
※こんなケースに役立ちます。
rei01.gif rei02.gif

●あなたは遺言書を書こうと思ったことがありますか?  「自分はまだまだ元気だから必要ない」、「私には遺言書を書くほど財産がない」、「家庭が円満だから相続でもめることなどない」など、理由は様々でも遺言の準備をしていないという人がほとんではないでしょうか。

多くの人は遺言書を特別なものだと思っています。ですが、誰にも必ず死は訪れます。それが事故や病気で突然訪れることもあります。そんな時に、遺言書がなければ、いくら仲がよい家族といえども相続争いの種を遺していくことになりかねません。もし、身内に深刻な対立を生んだとしても、あなたはその争いを仲裁することはできないのです。

あなたの相続財産には何がありますか?
それをご家族はご存知ですか?
所有する不動産の名義を変えるのは誰に依頼すればよいのでしょうか?
また、遺す財産はなくても、あなたの愛する人へあなたの生きた証を言葉で伝えませんか?

遺言書はあなたが遺された人へ送る最後のマナーなのです。でも、気をつけてください。そして、遺言書は、あなたの最後の言葉を家族に伝える唯一の手段です。そして、その言葉が、あなたの愛する家族を守ってくれます。

遺言書を作成したいが誰に相談してよいか分からない、遺言書を作ってはみたが、内容が法的に正しいのかが分からないのでチェックして欲しいなど・・・。そんな場合はお気軽にご相談下さい。

自筆証書遺言・公正証書遺言作成に関する一切のお手伝いから、遺言書の内容に問題が無いかのチェック等のお手伝いまでお客様の要望にあわせてサポート致します。
お申込み・問い合わせは下記をクリック!
お申込み 相談

サービスメニュー
当事務所では、さまざまなサービスメニューをご用意しています。お気軽にご相談ください。
(文案作成と指導)
52,500円(税込み)
●サポート内容
・自筆証書遺言の書き方、形式、内容のチェック。
・保管の仕方、遺言書を書き終わった後の取扱の方法などの説明等。

長所
◎遺言者が自分1人で作成でき、簡単で費用もかかりません。
◎遺言書を作成したことや、遺言書の内容について秘密にしておくことができます。
短所
◎法律に定められた方式が守られていなかったり、文意が不明確であった場合など、遺言が無効になったり、争いのもとになったりして、遺言者の意思どおり相続が行われないことがあります。
◎隠とく、偽造、変造、破棄などの危険性があります。
秘密にすることにより、紛失したり相続人に発見されなかったりすることがあります。

(文案作成と指導・戸籍、登記簿等収集、公証役場立会い)
105,000円(税込み)

●サポート内容
・公正証書遺言の内容チェック
・公証役場での立会いの際に必要な証人の準備
・当日の立会い

長所
◎法律に詳しい公証人が作成するので方式の不備がなく遺言者の意思が正確に伝えられます。
◎原本が公証役場に保管されるため、紛失、隠とく、破棄などの危険性がありません。
◎検認手続きは不要です。
◎病気などで字が書けなくても作成できます。
短所
◎遺言書作成の際、証人(2人以上)の立ち会いが必要です。
◎公正証書作成に要する費用がかかります。

※実費、振込手数料、送料、交通費等は別途。
※手続きに係る費用(印紙代、証紙代、公的書類取得費用等は別途)
※公証人手数料は、別途手数料がかかります。
※遺言・相続に関しては特殊性があり、相続財産の種類、量等により、報酬額が異なります。依頼をご希望される方には相談内容に応じ、お見積もりを明記させていただきます。ご了承下さい。
お申込み・問い合わせは下記をクリック!
お申込み 相談