設立までの流れ

【1】お申込み
flow_allow.gif
【2】申請書類原案作成(設立趣旨書・法人の目的・事業・事業計画・収支予算等)
「NPO活動に該当する分野」と「NPO法人に認められるための要件」を満たすこと確認し、設立理念や運営方法など、事業活動の方向性を決定します。
flow_allow.gif
【3】設立発起人会の開催
発起人が集まり、どのような法人にしていくのかを協議し、設立趣意書・定款・事業計画・収支計画などの原案を作成します。
flow_allow.gif
【4】設立総会の開催 (設立の意思決定)
設立趣旨に賛同する人を募り、設立総会を開催します。発起人会で決まった、設立趣意書・定款・事業計画・収支計画などについての決議などをします。尚、任意団体からの法人化の場合には財産などを新法人に継承することも決議します。
flow_allow.gif
【5】所轄庁との打合せ
flow_allow.gif
【6】設立認証申請書類の作成
flow_allow.gif
【7】設立認証申請
一つの都道府県内にのみ事務所のある場合は都道府県が、二つ以上の都道府県に事務所を有する場合は内閣府が所轄庁になります。
flow_allow.gif
【8】縦覧・審査(受理後2ヶ月間、縦覧されます。)
受理後2ヶ月間、一般に縦覧されます。同時の所轄庁による審査が行われ、縦覧後2ヶ月以内(書類受理後2ヶ月以上4ヶ月以内)に認証・不認証が決定されます。
flow_allow.gif
【9】認証・不認証の決定
認証の場合は認証指令書が交付されます。また、不認証の場合は理由を記した書面で通知されます。
flow_allow.gif
【10】設立登記の申請書類作成
当事務所にてその他必要書類を作成(一部、司法書士作成部分あり)し、依頼者へ郵送します。
flow_allow.gif
【11】設立登記の申請
法務局へ提出いたします。(司法書士)
認証後2週間以内に法務局において設立の登記をする必要があります。設立登記をして初めて法人として成立します。
flow_allow.gif
【12】NPO法人スタート
flow_allow.gif
【13】所轄庁に設立登記完了届出書を提出
閲覧用書類の提出

NPO法人の設立にはどのくらいの期間がかかるの?
設立認証申請書類を所轄庁に提出し、所轄庁が受理してから2ヶ月間は縦覧の期間になります。そして、縦覧後2か月以内(申請受理日から4か月以内)に認証又は不認証が決定します。
認証書が到達した日から2週間以内にその主たる法務局において登記をしなければなりません。
所轄庁に申請書類を提出する前段階として設立趣旨書、定款案などを作成して設立総会開催し、その後申請書類を作成することを考えるとトータル5〜6か月はかかると予測できます。

設立発起人会
・発起人が集まって、設立趣意書・設立当初の役員・会費事業計画書・などについて、原案を作成します。
・但し、設立総会とは違い、正式な議事録は必要ありません。
・書面に参加者が署名捺印することが望ましいでしょう。

設立総会
・社員が集まって、設立発起人会で作成した定款、事業計画等について確認し、決議されます。
・この決議の内容を記録した議事録は、設立認証の際に必要となります。

認証・不認証の決定 受理→(2ヶ月)→縦覧→(2ヶ月)→認証・不認証の決定
・実際は不認証の率は0.005%以下ですので、原則認証といってもいいくらいです。


お申込み・問い合わせは下記をクリック!
お申込み 相談