電子定款認証サポート

電子定款認証サポートとは?
基本的には、定款作成及び電子定款認証を皆様の代理人として行わせていただくサービスなのですが
  1,当方がご用意するチェックシートに必要事項を記入していただく
  2,発起人の印鑑証明をご用意いただくだき、公証役場にて電子定款認証をする
  3,完了
というように、お客様の手間をできるだけ省き、短期間で定款認証を完了していただくサービスになります。
このチェックシートを活用することにより、お客様の手間及び当方の手間を省くことが可能になるため、通常よりコストを下げさせていただいております。
急いで定款認証を終わらせたい方、なるべく安くコストを抑えたい方はオススメです。
電子定款認証で4万円の経費節約tama_02b.gif
電子定款とは電磁的記録(ワード等の電子文書をPDFファイルに変換して作成)した定款のことです。従来の紙での定款認証の場合は印紙税法に基づいて4万円の収入印紙が必要でしたが、電子署名ならば印紙税法に基づかないことになり4万円が不要となります。

電子定款認証サポートの流れ
【1】お申込み
お申込みフォームよりお申込みください。※フォームが作動しない場合はoffice-ogawa@ray.ocn.ne.jpからお申込みください。
flow_allow.gif
【2】サービス受付及びシートのご送付
ラクラク電子定款認証サービスのお申し込みを頂きましたお客様に、当方より御社の定款を作成するための「定款作成チェックシート」をご送付申し上げます。
flow_allow.gif
【3】定款作成チェックシートご返信及び定款案作成
「定款作成チェックシート」に、必要事項をご入力頂きご返信下さい。ご送付頂いたチェックシートの内容を基に、当方にて定款案を作成させていただきます。
条項の内容は、公証人が確認済みですのでご安心ください
flow_allow.gif
【4】印鑑証明書の準備及び写しの送付
定款の認証手続上、発起人(出資者)の方々全員分の印鑑証明書が必要になります。 設立時の発起人全員の印鑑証明書をお客様にご用意いただきます。(事前にファックス等で確認させていただきます。)
※必要な書類:印鑑証明書×発起人全員分
flow_allow.gif
【5】定款案の確認・確定及び公証役場での定款チェック
チェックシートの情報に基づき、作成した定款案の内容をお客様にご確認頂き、必要であれば適宜修正・変更等を行った上で定款の内容を確定させます。
その後、当方で公証人から定款内容のチェックをうけます
flow_allow.gif
【6】公証役場での認証
電子定款認証サポート費用
・報酬  18,900円
・電子定款認証費用 52,000円
サービス対応地域
・首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で対応いたします。