NPO法人のQ&A

ここでは、NPOについての一般的な疑問について回答いたします。
NPOってなに?
Nonprofit Organizationの略で、直訳すると「非営利組織」という意味で、民間の非営利活動を行うことを目的とする組織のことを指します。
「非営利」とは、組織自体が収益を上げることを制限する事ではなく、構成員に収益を分配せず、組織の主な事業活動費用をに充てることを意味します。
一般に利益の再配分を目的とする組織である企業に対して、NPOは社会的な使命を達成することを目的にした組織であるといえます。
ボランティアとは違うの?
ボランティアの「個人」で行う「無償」の活動に対し、NPOではボランティアの様な個人の力を集約し、組織として社会的な使命を達成することに大きな違いがあります。
NGOとは違うの?
NGOは、Non-governmental Organizationの略で、「非政府組織」となります。
「民間」で「非営利」の活動団体はNPO・NGOの両方の名前で呼ばれることが多いですが、「非営利」事業を重視するとNPO、「政府とは異なる立場」や「国際的協力」重視するとNGOと呼ばれることが多いようです。
NPOを法人化するメリットは?
法人化をするメリットは、個人名義で行っていた、銀行口座の開設・不動産の登記・事務所の賃貸契約等を、法人名義で行えるようになります。
その他、情報公開を通じて、社会的信用度が高まることから、行政・企業と協働する機会を増やし、協働による収益を得ることができます。
NPO法人は設立するときに資本金は必要ですか?
結論からいってNPO法人は設立するのに資本金は必要ありません。正式にNPO法人は資本金という言い方はせず、設立当初の財産といいますが0円でも可能です。
活動実績がないとNPO法人の認証はされないのでしょうか?
NPO活動の実績がないと認証を受けられないということはありません。しかし、NPO法人を設立するための目的、事業計画など具体的化しなければ認証を受けることは難しいでしょう。また、NPO法人を運営して行くことも困難です。
NPO法人にするのは資本金は必要ですか?
NPO法人は株式会社などの営利法人とは違い(新会社法により最低資本金の制度は撤廃されました)、設立の際に資本金を必要とはしません。しかし、NPO法人を運営して行く上で経費は不可欠なものです。安定した活動をする上で資金の確保は重要です。早い段階で安定収入の確保を検討したほうが良いでしょう。
税制面でのメリットはありますか?
NPOも通常の公益法人と同様に法人税の対象となっており、税制面での優遇措置は現在のところありません。このため、NPO法人設立後にも税務知識と業務が必要不可欠になってきます。
お申込み・問い合わせは下記をクリック!
お申込み 相談