設立の流れ

2人以上の設立者が集まって法人化を検討
・本店所在地を決める

・法人名を決める

・事業目的を決める

・事業年度(決算時期)を決める

・設立時社員(2名以上)を決定する

・法人の機関設計をきめる

・役員(理事・監事)を決める

flow_allow.gif
法務局で商号調査と事業目的の確認をする
商号と事業目的の調査をするために、設立する法人の本店所在地を管轄する法務局へ行きます。

flow_allow.gif
法人の代表印を注文する


flow_allow.gif
定款を作成する

定款を作成します。必ず定款に記載しておかなければならない事項(絶対的記載事項)は忘れず記載してください。

【一般社団法人の絶対的記載事項】

(1) 目的
(2) 名称
(3) 主たる事務所の所在地
(4) 設立時社員の氏名又は名称及び住所
(5) 社員の資格の得喪に関する規定
(6) 公告方法
(7) 事業年度
なお,監事,理事会又は会計監査人を置く場合にも,その旨の定款の定めが必要になります。

flow_allow.gif
公証人役場で定款の認証


flow_allow.gif
事務所の最寄りの法務局の出張所で設立登記申請
一般社団法人の設立の登記の申請書には下記書面を添付する必要があります。

1・・・一般社団法人設立登記申請書
2・・・社員の一致があったことを証する書面
3・・・代表理事選定決議書
4・・・定款
5・・・理事及び監事の就任承諾書 6・・・印鑑届出書
7・・・OCR用紙
8・・・印鑑証明書
9・・・収入印紙6万円分

となります。

flow_allow.gif
一般社団法人成立!
数日後、登記事項証明書と印鑑証明が取得可能

flow_allow.gif
税金関係と社会保険関係の届出を出す


お申込み・問い合わせは下記をクリック!
お申込み 相談